rapt,drowsy -Inn-

Innが「音」に想う事。

2010年04月06日 (火) 21:43 |


「音楽」は、とても大きな言葉。ジャンルも様々。捉え方も様々です。
Innで取り扱う音楽には、「音の主張」がほとんどありません。流れて
いるような、、、流れていないような、、、いわゆるBGMなのです。

音と対峙せず、自然と耳に届くような音。日々の生活の中にそっと溶け
込みます。鳥が鳴き、風が吹き、雨が降り、人々の声が聴こえる。音の
主体は、いま生きているその空間。音を通して感じる生活のリアティ。
これは音楽家の人柄や生き方が、偽りの無い音として聴き手に伝わる
からなのかなと僕は思います。皆さんにも、そんな気づきのきっかけに
なれば、本当に嬉しい事です。

これが本当にレーベルなのか?という程、規模は小さいですが、この
仙台を拠点に皆さまにお届け出来たらと思います。

これまで、レーベルの「コンセプト」と「想い」をお伝えしました。
次回は、リリース情報をしっかりとお伝えしたいと思います(笑)

明日には、小さなチラシも届きますので配布をはじめたいと思います。
見かけましたら、是非手に取ってみてくださいね。
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.