rapt,drowsy -Inn-

air conditioned パッケージが完成しました!

2010年04月27日 (火) 16:07 |







お待たせしました。daisuke miyatani / air conditionedのパッケージ
が完成しました!ほとんどが手作りですが、その出来上がりには満足
しています。パッケージのデザインで、伝えたい音を邪魔しないように、
シンプルにと心がけて作りました。

「楽曲の音に寄り添い、自分の感覚に素直に形づくる。」
今後も、この姿勢を大事にしていきたいと思います。

ジャケットが細長いのは、CDRの一部を見せたかった為。そこには
小さくスタンプが押されています。Innからのメッセージが入って
おります。

100枚の限定生産となります。是非、お手に取ってdaisuke miyatani
/ air conditionedを感じていただければと思います。

お取り扱い店の情報は、決まり次第ご報告させていただきます。

daisuke miyatani / air conditioned

2010年04月21日 (水) 23:55 |
ジャケットも仕上がり、パッケージもいよいよ最終段階となりました。
月末までには、取り扱い店の情報をお知らせ出来ると思います。今しば
らくお待ちください。チラシも少しずつではありますが、色々な場所へ
配布しております。少しずつ配布を続けていきたいと思いますので、
是非お手に取ってみてくださいね。


今日は、Innの最初のリリースとなります、
「daisuke miyatani / air conditioned」のご紹介をさせて頂きます。



Inn の構想当初から、最初のリリースは daisuke miyatani さんにお願い
しようと決めていました。というのも、アンビエントに最初に興味を持つ
きっかけとなったのが daisuke さんの曲だったのです。淡々と流れる
電子音の揺らぎが、延々と続くようなキレイな音に、眠る様に聴き入った
のを今でも覚えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕が「air conditioned」聴いた最初のイメージは、
「まばたきの様な、ほんの一瞬の音」でした。

生活の速度というのは、とてつもなく早く日々ジェットコースターの
様にあっという間に過ぎていく。そう思うと、生活自体がまばたきの
様な一瞬なのかもしれない。

この一瞬を永遠に引き延ばしてくれる様な、緩やかな音のゆらぎ。
音の変化。これが速度のリアリティなのかもしれないと思いました。

電子音やギターの音色がとても淡く気持ちが良い素敵なアルバムと
なっております。

「daisuke miyatani / air conditioned」

title - time

1 - 10’34

2 - 9’58








3 - 12’19








4 - 31’58

inn - 001 CDR 1,200 [tax in](送料別途)
100枚限定生産


daisuke miyataniさんご自身からコメントを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レーベルの名前「Inn」の意味がホテル・宿なので、そこから

リゾート=非現実的。というイメージになりました。

再生することで部屋の空気が少し変わるような音楽。
主張しすぎないシンプルな音響。少し小さめの音量で流した時に
環境音や生活音と混ざりやすそうな内容。 のようなことを考え
ながら作りました。

miyatani

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

- daisuke miyatani -

ロックバンド等での活動を経て2004年よりソロでの活動を開始。
その音楽はアコースティックギターを主体とした穏やかなものから
ノイズ、歌もの、ビートものと様々で国内外のレーベルからdaisuke
miyatani / miyachan akichan / sawako + daisuke miyatani /
Lolicom / MIYAGOOOなどの名義で作品をリリース。

また他アーティストの楽曲リミックス、個展やポッドキャストへの
音楽作品提供も行う。 akira kosemura (schole、someone good)、
haruka nakamura (schole、liquidnote)、sawako (12k) 、
steinbruchel (12k) 、motohiro nakashima (schole、loaf) など
コラボレーションも多数。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャケット写真は、日の出直前を車の中から偶然撮影したもので、
流れている感じや、景色の濃淡がとても楽曲のイメージに合うなと
思い使用しました。印刷の出来上がりがとても気に入っています。

ネット予約も受け付けております。枚数に限りがありますので、
是非お早めにご注文ください。注文は、下記アドレスまでご連絡
下さい。発送日の詳細は後ほどご連絡します。

rapt_drowsy-inn-@mail.goo.ne.jp

宜しくお願いします。

Innが「音」に想う事。

2010年04月06日 (火) 21:43 |


「音楽」は、とても大きな言葉。ジャンルも様々。捉え方も様々です。
Innで取り扱う音楽には、「音の主張」がほとんどありません。流れて
いるような、、、流れていないような、、、いわゆるBGMなのです。

音と対峙せず、自然と耳に届くような音。日々の生活の中にそっと溶け
込みます。鳥が鳴き、風が吹き、雨が降り、人々の声が聴こえる。音の
主体は、いま生きているその空間。音を通して感じる生活のリアティ。
これは音楽家の人柄や生き方が、偽りの無い音として聴き手に伝わる
からなのかなと僕は思います。皆さんにも、そんな気づきのきっかけに
なれば、本当に嬉しい事です。

これが本当にレーベルなのか?という程、規模は小さいですが、この
仙台を拠点に皆さまにお届け出来たらと思います。

これまで、レーベルの「コンセプト」と「想い」をお伝えしました。
次回は、リリース情報をしっかりとお伝えしたいと思います(笑)

明日には、小さなチラシも届きますので配布をはじめたいと思います。
見かけましたら、是非手に取ってみてくださいね。
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.